About La Banlieue

Concept

「ラ・バンリュー」直訳すると“郊外”を意味する。
東京をパリとするならば、近郊の横浜は郊外と見立て、料理を発信していきたいという願いから。
厳選した産地直送の有機栽培の野菜や旬の食材を的確な火入れと調理法で、
その日にこそ存在するコースをご提供させて頂きます。
一軒家を改装した限られた数のテーブルにて、
大人のゆったりとした時間をお過ごしいただければ幸いです。

Reservation

▼ ご予約について

ご予約は、下記の電話番号にて2ヵ月前より承っております。
※ メールやFAXでは、ご予約をお受け出来ません。ご了承ください。
Tel 045-681-4680 尚、ランチ、ディナーともに “おまかせのコース” につき、
ご予約時に食材のアレルギーやお苦手な食材等をお伺いしております。

  • 定休日

    / 月(祝祭日は営業)および不定休

  • 営業時間

    / ランチ  12:00 ~ 13:00 (L.O) 15:00 Close
    / ディナー 18:00 ~ 20:00 (L.O) 23:00 Close

*クレジットカード各種ご利用可
お願い
・店内は全て禁煙です。店外エントランスに喫煙スペースがございます。
・10歳未満のお子様のご来店は、お断りさせて頂いております。
・メインダイニングでの写真撮影は他のお客様へのご迷惑となる可能性がございますので、
 シャッター音がしないカメラの使用や他のお客様が写らないようご配慮をお願いしております。
 何卒、ご了承ください。
 詳細はスタッフへお問合せ下さい。
・厳しいドレスコードはございませんが、極端な軽装、短パン・サンダルの入店はお断りしております。

Cancel Policy

ご予約日の変更やキャンセルの際は、お早目のご連絡をお願い致します。
当日のキャンセル・ご予約日当日にご連絡が取れず、ご来店されなかった場合は、
コース料金の100%とキャンセル人数分を頂戴いたします。

Chef

Haruyoshi Saito齊藤 治良

#

photo by Toshiaki Yamauchi

主な就業先   フランス
パリ
ル・タイユヴァン ☆☆☆
ヴィヴァロワ ☆☆☆
アピシウス ☆☆
南フランス
ホテル・ネグレスコ☆☆
ル・プティニース☆☆☆
リヴォット・ターヴァン(シェフ)☆
トゥールーズ
シェ・ヴァネル☆☆

*星の数は在籍当時の数です。

PROFILE
  • 1956年12月21日 埼玉県秩父市生まれ。
  • 中学卒業後、十代から都内フランス料理店数店で修業後、1982年渡仏。
  • パリ、南仏の2ツ星と3ツ星レストランを中心に約5年間の修業を積み、帰国。
  • 1987年~1989年「村上亭」(中区根岸旭台)取締役総料理長。
  • 1989年あべの辻調理師学校(横浜西口)1989年「霧笛桜」(中区元町)料理顧問。
  • 1990年「ラ・ヴァンリュー」(のちに改め「ラ・バンリュー」中区本牧間門)にて独立オープン。
  • 2002年「ラ・バンリュー」休業。再び、フランスへ。
  • 2006年~出張フランス料理「ラ・バンリュー」および、飲食店プロデュース。
  • フードコーディネーター・レストラン顧問として各地で活動を手掛ける。
  • 2007年~2011年FM横浜「ティップス・タウン」にて野菜料理の紹介。
  • 2009年「ラ・バンリュー アトリエ サイトウ」(中区元町)移転オープン。

Madame

Noriko Saito齊藤 昇子

#
PROFILE
  • 1970年1月18日 青森県生まれ。
  • 弘前市から20㎞ほどにある『工藤勉りんご園』の三女として、りんご畑に囲まれた環境で育つ。
  • 1991年文化服装学院デザイン専攻科卒業後、渡米。
  • カリフォルニア州バークレー市在住の前衛舞踏家 玉野黄市に師事し、ダンスコスチュームデザインを学ぶ。
  • 1993年帰国後、前衛舞踏コスチュームデザイン製作と併行して、フランス料理の世界へ。
  • 「ビストロ・ド・ラ・シテ」(港区西麻布)メートル・ド・テル、「ル・ヴェルデュリエ」(大田区鵜の木、現在は渋谷区千駄ヶ谷に移転)等で勤務。サービス経験を経て、結婚を機に2009年「ラ・バンリュー アトリエ サイトウ」マダム。
  • 「オンリー ワン。一期一会。その日その瞬間にこそ味わうことの出来る美味しい料理とサービスと空間で、かけがえのない時間をゆったりとお過ごしいただくこと。」を日々大切に皆様のお越しを心よりお待ちしております。
#
#